テニスウェア

バセック ポスピシルのアシックスコーディネートがクール

バセックにサーブ&ボレーヤーという印象はなかったけど、ダブルスではウィンブルドンとこのインディアンウェルズでも優勝してるし、ボレーはお手の物。全豪で強烈なサーブ&ボレーヤーのズベレフ兄にマレーが撃沈した記憶はまだ鮮明だから、とにかく前に出続ける作戦だったのかも。だとしたら、なおさらすごい。しかも、注目される準備をしていたかのように装いまでキマってた。

それはもうアシックスとは思えないくらいに。

品質は良くてもデザインで劣るのは日本の様々な業界で明確でして…。アシックスの製品への信頼度はプロから一般プレーヤーまでかなり高いのは認めるけれど、ファッショナブルか、クールか、エアマックスみたいにお金がなくても欲しがられるかと言われると絶対そうではないブランドだと思う。日本人からすると部活着。

だけど、上の写真は違う。

袖と胸に入ったロゴがスカルだったら、ハイドロゲンと勘違いするほどかっこいい。
特に本当に真っ黒なソックスとシューズのあたりがかっこいい。黒とグレーなのね。しかも、私も結構好きな『スピード』シリーズ。

日本でもクレーオムニ用なら売ってる。
でも、アメリカより日本が高いなんて、どれだけマーケット小さいのよ、日本と嘆いてしまいそう。そしてやっぱり、こういうかっこいい物にウィメンズはないみたい。残念。

てか、マレー。同じ負け方ってどうなのよ。お兄さん相手に練習しないと!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。