テニスギア

ウィルソンの日本製のグリップテープ

どこのラケットを使っていようとグリップテープはこれがいい。

出会いはフェデラーの赤いプロスタッフ97が出た時。つい買ってしまったんだけど、SラケのLSしか持てず、それがどうでもダメで結局バボラに戻った私。ただ、その時に知ったウィルソンのグリップテープは今でも愛用してる。

好き

  • ウェットの吸い付き:最初は最初指の皮が剥がれるんじゃないかと思ったくらいのグリップ力が最高。今ではこれでないとラケットが抜けそうな気がしてしまう
  • 適度な厚さ:角がしっかり出ているピュアストライクの元グリップを適度にカバーしてくれるのがいい
  • 耐久性もそこそこ:比較的短い期間で巻き替えてしまうので、実際いつ擦り切れるのかはわからない
  • 両端斜めの形状:巻き始めも巻き終わりも斜めになっていると、ハサミで切る必要がないのがいい

微妙

  • 最後のテープ:巻き終わった後、さらに上から貼る黒いテープのがイマイチ。安いビニールテープみたい。これだけはピタッと貼れるバボラの銀色のテープが好き。

1本もあるけど、私は30個入りのパック入りをドーンと買ってます。

 

注意

  • 日本製のタイプ以外もあって、それだと全然感触が違うらしい(使用歴がなく未確認)
  • 黒タイプもあり。黒だと吸い付きがかなり違った記憶がある

一度使ったら最後になること間違いなしです!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。