世間のテニス

有名人とテニス:アナ ウィンター

夜中の試合は録画しか観てないからわからないけど、そろそろこの人がUSオープンのスタンドに現れる頃だから書いておくわ。

『アメリカ版ヴォーグ』の編集長、アナ ウィンター。

アナはパジャマでもピチッとパシッとしてそうなファッショニスタ。スポーツ観戦でもバッチリドレスと華奢なサンダルでキメてて、これはこれで美しい。たぶんセリーナ戦。一般人レベルで興奮してるところにも好感だわ。

セレブマッチを観戦する時は、ベッカムをアクセサリー程度に隣にはべらせたり、ミルカの後ろにも余裕で座る。ジョコ妻のエレナなんてインターンレベルでコキ使ってそう。でも、こういう純真そうな涼しい顔した人はたいていしたたか(女性目線)。『プラダを着た悪魔』みたいに負けないかもね。

そんなアナはテニス観戦が好きなだけじゃなく、テニスをするのも好きな人。昔インタビューで「朝5時に起きて、プロの手でメイクを済ませて7時からテニスして出社」って書いてあったのを覚えてる。すごいー。全身ミッソーニとか着て高級クラブで爽やかにプレーしてるんだろうなと思ってた。

こんな感じ。

だけど、どこかでヨレヨレのラコステポロを着てシャカシャカパンツを履いてラケットを抱えるアナを見た。しかもそこらのスポーツ用品店の安売りで買ったみたいな冴えない色にデザインだったから驚きです。

その写真でもう一つ驚いたのはグリップテープ。汚かった。

一糸乱れない常に整えられたボブが自慢の人だし、何百万も何十万もする服だの靴だのを大量に所有して一回しか着なそうな人。なのに、グリップテープは薄汚れてても平気なんてなぜ?プロみたいに毎回新品でテニスしてほしかった。ガットもそうとう張り替えてないっぽいし。

もう!意味わかんない。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。