体ケア

骨を折ったかと思った

全豪ほとんど観られてない。最近、ちょっと夜も遅くて仕方ないんだけど、せっかく時差がほぼないのにと悲しんでる。週末はずっとテレビを観ていたいくらい。

で、先週末。エンドラインがつぎはぎだらけのオムニでひっかかってしまい、左手を地面に着いた瞬間があった。親指の付け根の肉付きがいい部分、ここ何て言うのかな。そこをこすってしまい痛かった。

まぁ普通にハードなテニスを満喫できたし、その時はなんでもないと思っていたんだけど、夜になって打ち身っぽい痛みもあるような…。少し心配になって湿布を貼ったりサロンパスしたりと冷やして続けたら、1.5日くらいでなんともなくなった。

まさか、また骨が折れてたりして…とドキドキしたわ。なぜかというと、珍しくたまたまスノボをしていた大学生の頃に同じように手を雪面について同じくらいの衝撃を受けて、親指の付け根の骨が一部折れたことがあるから。

本当に小さい骨折だったけど、その時は翌朝起きたら親指全体が真っ黒になっていた。だけど、1週間山にこもっていたから湿布を貼ってそのままスキー三昧。帰宅しても捻挫だと思ってたから、さらに放置すること一週間。全然治らないのでやっと整形外科に行って骨折が判明したのです。

骨って意外と簡単に折れるみたい。だから、今回は折れてなくてテニスできてよかった。気をつけたくても、骨を折らないための準備運動なんて聞いたことないけどね。

2件のコメント

  1. 肉離れです、私の場合。
    Iの軽度ですけど古傷が復活しそうで怖いです。
    準備運動を怠るとこの時期はダメのようでテーピングしてから30分くらいストレッチと腹筋、背筋、スクワットをしてからテニスです。
    準備運動で疲れてしまいます。

    1. 大丈夫ですか!?
      肉離れも多い季節ですから、私も気をつけています。水分不足も関係してると聞きますね。

      確かに超絶真面目にしていた頃は最初の1時間はウォームアップに使ってましたね。今同じことをしたら疲れそうです。

      社会人になってからヨガをするようになり、それがテニスやランニング、トレーニングをした体のメンテナンスにもなっている気がします。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。