テニス好き

全球フラットなおじさまに遭遇した件

人生初。それはもう未知との遭遇そのものだった。

今日は最近、衝撃を受けた方の話。歳はシニア層、某トーナメントで上位の方らしい。おじさまの何に驚いたかって、

フォアハンド
バックハンド
フォアボレー
バックボレー
サーブ

これらすべてのショットにおいて、

トップスピン 0%
スライス 0%
フラット 100%

だったこと。グリップも全部コンチネンタル。スライスは使うだろうと思ったけど、まったくなしで驚いた。数世代違うとこうなるのかな。

おじいさんなのもあってボールにはスピードも重さもない。でも振り切れない、スピンかけられないのストローク線が?なおばさまたちとはまったく違う。読みとプレイスメントでポイントを重ねる感じ。ラケットのフルスイングなんて「はっ?」って感じで、丁寧に運んでた。序盤は翻弄されてサービスのキープで精一杯。途中で対応方法を思いついたけど時間切れで終了となった。試すのはまた今度。

自分の老後のためにも、省エネのためにも学ぶことがたくさんあった。パリッとしたウェアを上下そろえて着ていたのも好印象だったな。人間本体に張りがなくなってきたら、ヨレヨレの物だとダメなんだろうね。

そんなおじさまに心意気をほめられ、ミックスで何か出ましょうとお誘いを受けた。全然いいのだけど、心の中ではプレースタイルが違いすぎて噛み合うのか不安で仕方ない。

4件のコメント

  1. 全球フラットとは興味深い!
    ちなみにおじさまの御使用のラケットは何だったのですか???

    1. ピュアドラのフェイスが大きくて軽いタイプでしたね。余計に悔しくなりました。。。
      軽いタイプはカーボンがアルミっぽく見えたのは気のせいかもしれません。

  2. 100%フラッター!
    私ならどう対応したらよいのか分からなくなるでしょう。
    よくわからないけど、逆にすごい…。
    その驚きをじかに感じてみたくも思います。

    1. まずラケットの振り方が独特なんですよ!

      あと、私程度の動体視力でも完璧に見える程度のスピードと完全無回転ボールに驚きました。

      そして、いろいろな人がいるんだなと感心しました。テニスをしてると人との出会いもおもしろいなと思っています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。