テニス観戦

勝者はデミノーじゃなくシナー。やっぱり若手は粒ぞろい

ネクストジェンファイナルズは地元のワイルドカードで出場したヤニック シナー君が優勝。スキーの有望選手だったからって訳じゃないけど気になってた。おめでとう!

デミノーが余裕で持っていくだろうと思ってたわ。フォーマットもいろいろ違うから難しいのかな。

このトーナメントを観ていて、20歳そこそこの男子選手たちはやっぱりかなり粒ぞろいだと思った。

このティアフォーいいよ。お祭り野郎w

こんな格好でテニスしちゃうのもすごくいい。

あとはやっぱりシャポ。もって生まれたスター性と目立ちたがり屋具合とのバランスがいい。あの躍動感をほんの少しでも自分のテニスに取り入れられたらと思うわ。

https://twitter.com/khachanovfp/status/1190682873474498566?s=20

あと、ハチャノフとルブレフのコンビがおもしろかった。陽気なお兄ちゃんっぽいハチャノフと、クソ真面目そのものっぽいルブレフが一緒になるとケミストリーwが生まれるのか、パリのダブルスはお見事だった。

そこに、ダブフォもエースも大量生産というナイスな得意技と未だお子ちゃまな心を併せもつズべレフとか、悟ってる風だけど年寄りから言わせてもらえれば口達者でめんどくさい男なチチパス、そのチチパス戦だけは負けたくないうえ、あっさり1人抜きん出たメドベージェフも加わるんだからおもしろい。というかロシア強い。

なんというか、テニスバカばかりでないところが好み。上には神格化されそうなフェデラー、ナダルがいるしビッグ4がまだまだ高齢化を牽引しそうだけど、下克上でも若手同志でも熱い対決を期待してるわ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。