テニスギア

プロスタッフ 97 LSを使わなくなった理由

少しだけウィルソンのプロスタッフを使っていたんだけどヤメました。すごく人気あるラケットだけど難しそうという噂もあって気になる人もたくさん。なので、経緯を書いておきます。

プロスタッフを買った理由

フェデラーが久々にラケットを変えた時はもちろん買いました。一代前の赤いタイプ。だってフェデラーだから。みんなきっとそう。フェイスが97というフェデラーにしては普通のサイズだったし。

【止めた理由】重さ展開が合わない

Sラケの良さがわからなかった。問題プロスタッフの展開は340g、315g、290g。普通のメーカーにある300gがないので、私が持てる290gのみ。その上も下も試しようがないのはつらいです。

【さらに止めた理由】Sラケの良さがわからない

290gにはSラケしかなかった。

一体誰に向けて作ったのか。プロスタッフのLSはそんな疑問しか残らないラケット。試打した人の感想やインプレなんかで読んだとおり、振り抜きはいいし、ウィルソンの真ん中グニャも好き。ガットにもよるけど、振動止めなしでも衝撃をほとんど感じなかったし。でも、これにベタ惚れする特徴はない。

ストリングスパターンが違ってスピンがかかりやすいというのがコンセプトだけど、そんなにかかりやすいかな。スピンかけたかったらピュアドライブを使えばいいのにと思った。Sにすることで、プロスタッフの良さを消してしまってたりしないよね。

【追い打ち】ピュアストライクが出た

まったく使わなくなってしまったのは、2017年のピュアストライクが出た後。慣れもあるけど「これだよ、これ」みたいな、はっきりと釘付けになる要素がピュアストライクにはあった。あと、こちらは軽いのから試して結局16×19にたどり着くという、試打の旅ができたのもよかった。

【理由】フェデラーのはSラケじゃない

決め手はこれ。選手のラケットはカスタムモデルなのはわかってるけど、これはそれ以前の問題だから。という感じにモチベーションが落ちて、最後には手放した。

余談だけど、塗装がベリっと欠け落ちるのもあまり好きじゃなかったな。

反対に、ウィルソンを使って良かったこともあった。まずは日本製のグリップテープが手放せなくなるほど気に入ったこと。あとはアルパワーと出会って、アルパワーラフの良さを知ったこと。

いろいろなラケットを試すのは楽しいのに、自分のがしっくりこないとイライラするのが本当に不思議。お金もかかって大変。だから、みんな熱くなるのかもね。

2件のコメント

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。