テニスギア

アルパワーは銀色で十分完璧

そういえばアルパワーに色違いが出るという話があった。クエルテンの記念版ではなくて、上の写真みたいに青、赤、緑、黄色。色はガットのアイデンティティの一つだと思ってるから、フーンと思ったわ。特にルキシロンのはシリーズごとに特徴的な色がついてるし。多色展開に需要があるんだろうね。

私はストリングはモノトーンが好き。目の前で派手な色がチラチラ視界に入るのが苦手だから。アルパワーのアルはアルミニウム、だから銀色。特にラフは張りたてが光に当たると揺れる水面みたいにキラキラ光ってすごくきれい。写真を撮ろうと思ったけど、上手に撮れなかった。

今のラケットとは色も合うから、すごく気に入ってる。でもこの銀色のキラキラがなくなるのは、美味しい時間終了のサイン。そして、キラキラはあっという間になくなって、普通のグレーになる。酸化してるの?と思うくらい。もったいないけど、仕方ない。

日本で売られるのか知らない多色展開のアルパワー。全色微妙だなと思ったんだけど、これ一応ウィルソンのラケットのカラーに合うように作ってあるんだろうね。

有名どころだけでもズラズラッとこんなにいる。写真のページの選手の写真をクリックすると、使ってるストリングの種類が書いてあるので気になる人はぜひ!

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。