テニス好き

おばさんとのテニスは良い練習になる

先日、おばさまたちのテニスに入れてもらってきた。

たまにですが平日に時間を作っておばさまとテニスをしてもらってます。理由はただ一つ、いつどこでおばさんテニスの方と当たるかわからないから。なので、男性はあえて打ちに行く必要はないと思われます。

よくお会いする方は普段はスクールに通っていて、中級や中上級だそう。スクールのレベル判定って難しいですね。レベルはバラバラに感じますが、それでもおばさんテニスの仲間に入れていただくとこんな練習ができるのです。

全部拾って、いい球で返す

おばさんとラリーをすると球があちこちに散るんですよ。だから走る。いい所に返す。しかも取りやすい速度と回転量で。むちゃくちゃいい練習になります。

死んだ球の処理

おばさんテニスはスピードと重さがなく、回転もかかってないチャンスボール風の球がメイン。こういう球ははずしがちじゃないですか。それをきちんと決める、叩ける球は叩いてポイントを取る、を反復練習します。

オープンスペースを狙う

ただし、おばさんの球を叩く時は空いてるところを狙う。女の恨みはしつこくて怖いもの。あと、おばさんテニスはほぼダブルスだから、細い隙間をきちんと狙う練習になる。

足元に沈める

平行陣で前に立つおばさん達は意外と強打に強く、面を合わせて返してきますよね。だけど落差が大きい球には弱いと感じる。取りにくい球を探ってます。

本人もどこに打つかわかっていない球

何気にこれが一番やっかいw 彼女達はここに打とうと狙ってる訳ではないんですよね。だからパターンもないし「この人だったら、次はこっちを狙ってくるな」という予想ができない。そういう球を華麗にさばきたいのです。

スライスサーブのリターンの練習

サーブはスライスだけという人が多いと思う。最初は少し困っても攻略に時間はそうかからないものだけど、練習できるのはありがたいです。

(余談)SABRの練習

おばさんのサーブはサービスボックスの前半分に落ちるんですよ。最初からベースラインの内側にいますが、それでも全然足りない。なので思い切って前に出るセイバーの練習になります。サーブがうまい男子との試合で決めてみたいw

私はこんな感じに楽しませてもらっています。走らされるので、軽いVcoreを使ったら楽でした。

ただし、ひとつだけおばさんテニスで好きではないことがある。服装ではないですよw それはコールをしないこと。 ポイントはまぁいいとしても(ダメですけど)、インアウトはきちんとして欲しいとこっそり思ってます。試合に出てるって言うしね。

ちなみに今のおばさま達はこんな感じでした〜。コロナ以前も以後もお変わりなく何より。

style of tennis obateni fashion

フェイスガードが売り切れで気づいたけど、肩くらいまで覆うタイプがあったり、口と鼻の所が開いてるのがあるんだね。苦しいのに変わりはないと思うけど。

梅雨の前にたっぷりテニスをしておきたいです!

 

2件のコメント

  1. 本人もどこに打つかわからない球、、これ、本人たちは狙ってると言います。
    たいていサイドアウトして、「狙いすぎた~w」とか言います。
    私の周りのおばさんだけかしら?

    あとフェイスガード、全然苦しくないんですって。
    まあ、省エネテニスだからかもしれませんが。

    たまにフェイスシールドばりな帽子かぶっている人もいますが、
    サーブの時当たらないのかなと見てたら、横から手が出てくるのでぶつからないようです。

    1. 狙ってるんですね!実話をありがとうございます。私のところよりお上手なおばさまかもしれませんね。

      本当に苦しくないんですかね?私のところのおばちゃんは半径1.5m四方しか守備範囲じゃないので苦しくなさそうでした。他全部私もちって、普段どんなダブルスやってるのか気になりました。

      あのすごくツバが大きいタイプですよね。区のコートで見かけます。頭も重そう…

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。