テニスギア

ピュアドライブ物語:フェイス100の壁が厚い

 どっちつかずで年を越した私のピュアドライブテスト。今年に入ってからはピュアストライクを使い、どちらが合っているのかを確認した。ちなみに、硬くて困っていたの点は、ガットを変えて普通に感じられるようになっている。

style of tennis pure drive or pure strike

 私にはピュアストライクかな〜。

理由

スイングスピード

 練習の時はビデオを撮って復習するようにしている。それでわかった。ピュアストライクの方が断然スイングスピードが速い。自分こんなにうまいっけ?と思ったくらい。だから、相手が返しにくいボールが返る。私は相手のミスを待つより、ストロークでプレッシャーをかけてペースを掴むタイムなので、その方が好都合。

オーバーヘッド

 久々にピュアストライクを使って、スマッシュとサーブもこんなにうまかったっけ?と思った。ピュアドライブはオーバーヘッドが本当に打ちにくくてミスが多く、こんなに苦手だったか?と疑うことを忘れたくらい。いいのが決まってよかった。

バックスライス

 数年前に急激にスライスが上達してから訓練を重ね、攻守でスライスを織り交ぜて楽をするようになっている。ダブルスの前衛が私のバックスライスでポーチをミスるのが快感。前のふたつより困ってはいなかったのだけど、ピュアストライクの方がシャープに触れるのもあって、緩急や回転量の差をつけやすい気がしてる。

原因

フェイス100と厚めのフレームが苦手説

 ピュアドライブが結局しっくりこないのは、中厚系をうまく使いこなせないからだと思う。結局これを克服できてない。

 ピュアドライブはパワーがあるけど、私はピュアストライクの方が威力のあるボールを打てる。あと今何をしたいかの意思を伝えやすい。ピュアドライブのフェイスサイズ、フレーム厚、あと太いグリップ2だとそれが難しくなるんだと思う。もう少し体が大きくて厚くて筋力がある人の方がいいかも。私くらいだと軽量版の方がいいのかもね。

まとめ

 意思のない、ぬるい球をさばくのが楽かと思って試そうと思ったピュアドライブだけど、それをするとゲームメイクをしにくいことがわかった。あとはオーバーヘッド系でうまく扱えない。今度、普段とは違う人たちと試合をできるチャンスがあるので、その時またピュアストライクを使ってみようと思ってる。

 そうそう。ピュアドライブは人気モデルだけあってシリーズ内のバリエが豊富なところがうらやましい。発売されたばかりのやつ。同じフェイスサイズ、フレーム厚、バランスで重さだけ違うのがいいな。

 ピュアストライクは人気がないので18×20のツアーと16×19をのぞくと、なぜかフェイスが100になる。前に全部試したけど、フェイスが100だと全然ピュアストライクじゃなかった。もったいないな。ピュアストライクの良さは98の方にあると感じてるから、シリーズ全部を98でそろえた方が売れると思う。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。