体ケア

断食3日後のテニスはサーブがきつい

月曜から水曜まで3日間、水分と梅干しのみで過ごして床に伏すという久しぶりのつらい時間を過ごしていました。しかも忙しく、仕事を休めなかった…。ラッキーなことに軽症も軽症で済んでいたので、安静のためにそうしていただけです。軽症で済んだ秘訣はまた今度。

水曜の夜はかなり回復していたしテニスの約束があったので、予定どおりに行ったんですよ。空腹も極限まで来てるはずなんだけど、予想以上に動ける。マヌカハニーを濃いめにしたお手製スペシャルドリンクが良かったのかも。

ボレーは楽、スマッシュはたまにだからいける、ストロークも問題ない。ただ、反応が鈍く、コントロールが悪かったし、ラリーが長くなると筋肉が疲れるのを感じた。試合もまぁできたしね。

ただしサーブは辛かった。サーブは得意なんだけど、頭上で振るからかスイングスピードが上がらないし、パワーも込めにくくて、ジャンプなんて溜めすらできない。中途半端になりそうだったので早々に止めた。ジャンプはせず、いつものセカンドサーブにもっと回転をかけてがんばった。サーブが一番体力使うんだよな、と改めて健康をありがたく思ったわ。

良かったのは、そんなサーブでも予想以上にエースを取れたこと。普段、サーブで回転をいっぱいかけることにはこだわらないけど、ノロノロでも軌道が高くて跳ねると速いフラットより取りにくいものだよね。一般、特に女性同士ではほぼ打たれないけど、サーブの細かい精度を上げて、バリエーションを増やしたいな。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。