テニス観戦

ナダルの打ち損じはコートに吸い込まれる

フレンチオープンの決勝は早い内にあっさりナダルが勝つことがわかったから、1回戦みたいな気分でゆったり見られた。それで不思議だったこと。

かろうじて返ったナダルの球は、当たり前みたいにコートに沈む。明らかなフレームショットでも、走らされてラケットの先端だけ触れた球でも、すごいサイドの後方からの時間稼ぎのロブでも。

それはナダルの優れた感覚と技術ゆえできることなんだろうけど、コートに愛されてると思えて仕方なかった。すごいなって観てたわよ。

でもさ、ナダルはさ、もうちょっと早くサーブ打つようにルーティンを調整しようよ。観てるこっちが不安だよ。今更あなたに不可能はないんだからさ。ルーティンを変えたら、歯を入れたひふみんみたいに機能しなくなっちゃうのかな。

2件のコメント

  1. もう、ナダルだからってことでお化粧ルーティンは許す。
    ただしボールをつく回数は三回くらいで。

    1. お化粧!今気づきました。髪の毛が短くなってもやってるから、何を触ってるのかと!

      ジョコとかチリッチとかも三回までが希望です。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。