テニスウェア

本物のアスレジャー

数年前からファッション界で認知されているアスレジャーという言葉。アスレチックとレジャーの造語で、スポーツウェアをモードなアイテムと合わせて日常着にするスタイルのこととされている。

イメージはレギンスの上にレザージャケットを羽織ってマンハッタンを闊歩するスーパーモデル。別にジムの行き帰りって訳でもないの。

スパモがする分にはいいけど、このスタイルを一般にアピールして、ただのコンビニにスウェットで行く人になってしまっているのがいろいろなメーカーの現状。抜群のプロポーションならまだしも一般人にはきついよね。だから、たいして注目されてない。

で、フェデラー様よ。Tシャツ、スウェットの上にジャケット。ジャケットはわからないけど、Tシャツとたぶんスウェットもユニクロでしょ。Tシャツ、シワシワだもん。でもリラックスしててかっこいいわ。アスレジャーはアスレジャーでもGQタイプ。上級だわ。立ってる分にはまだお腹もたるまないし。やっぱりアスレジャーは優れた体格とファッション慣れしてない人には無理ね。そう簡単に一般に浸透させようとしちゃダメだわ。

でもさ、ユニクロやめようよー。

昔の錦織やジョコ、マスターズ制覇したアダム スコットみたいにこれからの人にはツキを与えるかもだけど、頂点の人にはきっと厄病神。ラケットを戻したように験を担いでいいんだよと言いたい。

2件のコメント

  1. ユニクロでバイトしている娘によると、シャツとスウェットはわからない、ジャケットはユニクロでない、もっといいやつだそうです。
    シャツはベインズ的なヘタレ感もありますね。

    1. そうなんですよ。ジャケットもユニクロだとアスレジャーではなくなる、というのが私の認識です。フェデラーレベルになるとユニクロなんて、一回着たら捨てるんだろうなと思っています。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。