テニスギア

ジョルジの新ラケットはペイントジョブではないらしい

前に「カミラ ジョルジが違うラケットを使ってる」と書いたことがあった。ピュアストーム、ピュアコントロール、ピュアストライク VSと使い続けてきた彼女だけど、「とうとうバボラを離れるのね、どこのラケットかな」と思ってました。

再開されたばかりのツアーでは、相変わらずウェアもプレーも弾けてる模様。WTA TVを再契約しようと思ったくらい。(というか、テニスの試合を観られなすぎて寂しくなっている)

目立ってるからか、ジョルジのラケットのことを話題にしてる人がいた。

 

イタリアの『FABRIZI』というメーカーらしいのです。読み方はファブリッツィ?ファブリーツィ?わからない。

種類

SHOPのページに4つのラケットが並んでる。フェイス98だけ形がボックス寄りなのは気のせいかしら。これまでのジョルジだと98を使うと思うんだけど、最近の写真や動画を見るとフェイスがかなり大きめに見える。

デザイン

ジョルジが使ってるデザインはない。彼女もまだテスト中なのかな。

デザインはとてもシンプル。遠目に商品画像を見るとフェデラーの真っ黒ラケットみたい。フレームはカーボンのシマシマそのままなのが面白いと思ったけど、プリンスにそんなラケットあった。スロートに赤や緑の箇所があって、ブランド名が書いてあるだけなのです。実物を見るとかっこいいのかな?

価格

高い。1本390ユーロで5万円くらい。買う時に重さとグリップサイズの他、グリップの色や艶 or マットの仕上げを選べるらしいから、カスタマイズを重視する人に向けて作ってるのかな?

 

ということで、ジョルジが使ってるらしいイタリアのラケット。プロに使ってもらおうと思って作ったのではないんだろうなと思った。お金持ちターゲット。それにしても、プロはやっぱりどんな物で打ってもそれなりのプレーができるんだなと思ったわ。私みたいな普通の人は道具のせいにしてる場合じゃない。

そうそう、ジョルジのラケットを調べてる時、”ジョルジは長年契約なしでバボラを使ってきた”と言う人がいた。あのロックスターみたいなお父さんの方針が変わってるそう。ウェアの契約も不思議だもんね。

2件のコメント

  1. そうなんです、ジョルジのラケットはFABRIZIのF-98ですよね。このメーカーはラケットのみ製造しているのか、ラケットバッグは”HEAD”。ラケットの頭の部分が潰れている感じなので98にしてはフェイスが大きく見えるのかなと思いました。昨年の東レでは、LEO様曰く「耳なし芳一」っぽいピュアストライクのペイントジョブのVSを使っていましたよね。それともあれはピュアストライクVSではなく、ピュアストライクだったのでしょうか!?長年バボラ使ってたのに、契約プロには名前上がっていませんでしたし、FABRIZIのHPにも彼女の事は触れていませんよね。彼女は実力も華もあるのでメーカーの顔として使いたいだろうに、お父様の方針なんですね。来年、ピュアストライクVSの新モデルが出るらしいので、ラケット戻すこともあり得るかもですね。

    1. ラケットバッグがないのは笑いました。勝った時のケースくらいは付いてくるのですかね。裸で渡されたら笑います。

      去年の東レではバボラだったと思いますよ。スロートがぼってりしてるVSで違和感なかったです。

      ジョルジ本人も結構不思議な方だなと思っています。テニスコートでは一切笑顔なし。SNSではテニス関係はなしで、そこらの女子大生のような投稿のみ。メーカーとしては使いにくいなと思うのが本音です。。。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。