テニスギア

ブレイドからプロスタッフにスイッチする選手たち

ピンとが合ってるのはリンジー ダベンポートだけど、要チェックなのは手前のマディソン キーズのラケット。今年からブレイドではなく、プロスタッフを持ってるの。モンフィスもそうなんだよね。

セリーナやラオニッチやゴファンみたいに使い続けている人もいるし、スペック自体はそんなに変わったわけではないと思う。ということは、あの派手なカラーリングが気に入らなかったのかしら?

個人的には、いつかフェデラーが引退した後のこのラインの顔を狙い始めたんだろうと思った。バーンは錦織がいるから当分無理だろうし。でも、ウィルソンはきっとズベレフ弟あたりをヘッドから引き抜いてくるんでしょうね。

てか、マディソンって340gのオーグラフを使ってるんだね。重っ。

黒塗りのプロスタッフにはフェデラーの顔が入ってるしかっこいいんだけど、自分が使える重さのLSはスペックが微妙なので購入には至らない。このラケットについては、また別の機会に。

Pic source: BNP Paribas Open Twitter

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。