テニスギア

メーカー推奨ガットとテンションはあながち間違ってない

と私は思うけど、みなさんはどう?

写真は私のラケットのスペック。よくあるラケットと違って、ものすごく見やすいのがポイント。ここに書いてある推奨ガットとテンションを「全然参考にならないよ」と言う人が多いけど、私は必ず見るし目安にしてる。

例えば推奨ガット。このラケットはRPM Blast/VSとなっているけど、バボラのチームとかライトとかの軽いタイプなるとたいていエクセルと書いてある。エクセルは誰にでも使いやすいナイロンマルチのガット。一方のブラストは試合をするどんなレベルの人にも人気のガットで、バブリンカなんかも使ってる。テニスをする頻度が高くて、パワーがあってスイングスイングスピードも速い、そんな人が使うイメージ。

私は一緒に書かれた重さとバランスと薄さと一緒に、推奨ガットの情報からもそのラケットの使い途も想像して自分に合うかを想像してる。

次に、推奨テンション。これの場合は50-59lbsとあるね。買ったばかりのラケットに初めて張る時は、いつもの固さのまま張ったり、ストリンガーさんのアドバイスを取り入れたりするよね?で、その後は自分のベストが見つかるまで試行錯誤していく。

私の場合は、どのラケットどのガットでも推奨テンションの真ん中の値で張ればちょうどいいのです。玄人風に少しずつ上げたり下げたり、縦横でテンションを変えたりしてみたこもあるんだけど、結局シンプルに中間値で張ったものがいい気がしちゃう。単純過ぎて恥ずかしいわ。

だから、このラケットには年中構わず54ポンド。固いでしょ!とよく言われるけど、このラケットはスイートスポットだけがグニャッと柔らかくて気持ちいい。このくらいで張った方がその違いがわかっていいの。センターを外した時がはっきりわかるのも好き。

「僕は40ポンドです」って感じに柔らかく張るおじさまも玄人っぽくてかっこいいなぁと思っているんだけどね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。