世間のテニス

ムラトグルーの11歳の女の子を参考にしている

 東京オリンピックなんか開催しなくていいわというだけでなく、もはや日本が嫌になった私です。

 腹が立つので、私がストロークの参考にしている子のことを書く。

 ムラトグルー アカデミーでトレーニングをしているクセニア エフレモヴァ(Ksenia Efremova)さん。ロシア人で十一歳。たぶん小学校五、六年。相手の女性もWTA最高145位のフェドカップ代表選手なのに、そんな大人を相手にこのストロークはすごい。振り方も足もポイントの取り方も、体が最高に動いた彼女と同じ年の頃でも私はきっと何ひとつ敵わない。

 クセニアさんのインスタを見ていると、ロシア人の女の子に多いのかな、昔は体操もやっていたみたい。だからフィジカルがすごい。ムラトグルーに移った後の投稿からは、パトリックさんのアカデミーのすごさが伝わってくる。設備やトレーニング内容はもちろん、有名選手がひっきりなしに来てラリーをしてくれたり、休暇のバランスも良さそう。日本のジュニアも本気なら海外に行かないとなのではと思った。入れてもらえるかは別問題だけど。

 クセニアさんは、ただ強いうまいでないところもいいなと思った。ピンクでフワフワした物が好きで、お兄さんや弟と仲が良い普通の女児らしさをキープしてること。ウェアや髪型やアクセサリーの使い方が上手で、自分をよく見せるファッションセンスを身につけていること。写真に撮られる時の表情や立ち方もうまいし、英語でのコミュニケーション能力も素晴らしい。テニスの技術以外のところにもプロを目指した意識が高くて感心している。

 だって、プロは強いだけだとつらい。ただ強いのは部活で十分で、プロには魅力的なプレースタイル、態度、それと見た目の良さが求められるから。私が日本の選手にイマイチ惹かれない理由はそこ。真面目で性格も良さそうだけど、総じてダサい。日本でテニスが盛り上がらない理由の大きな原因だと思ってる。クセニアさんはもともとかわいくてスタイルもいいけど、そうでなくても人間のほとんどは努力でなんとかなるレベルまではいけるもの。ゆうこす然り、フェデラーもベッカムも昔はイモ男だった。             

 家族もロシアのスポーツエリートなのかな?体操あたり?と思ってたら、お母さんの話が特集されていた。

 お母さんもシングルス285位、ダブルス193位のWTAプレーヤーだったんだ。

 動画に、クセニアさんを負かす人が必要だと出場させた大人のトーナメントが出てくる。勝ちは永遠には続かないからというのも、普通のレッスンママには考えつかないことだなと思った。そう、このトーナメント。フランスのトーナメントなんだろうけど、どんなタイプなんだろう。公式戦なのか、あちらの常識なのか。子供から大人までごちゃ混ぜで、三セットマッチで一日一試合。この形式大事だと思うな。大きい声でのコールも大事。

 年上のジュニアで強い子に負けてしまった後、お母さんと言い合うシーンもおもしろい。ロシア語の会話が白熱すると怖いな。負けて泣いちゃうところは子供でかわいい。「何かすれば状況は変わるのに、あなたは相手に試合を差し出した」って、おっしゃるとおり。若い、背が低い、疲れていると諦める理由、負ける理由を作らないのも大事だなと思った。ムラトグルーさん、渋くて素敵。

 と、自分の子供でもおかしくない小さな女の子の動画をいろいろなところで参考にしてる。クセニアさんが使ってるラケットはEzone 100の270gとのこと。 十歳くらいの子供にいいラケットなのかな。Ezoneの100は打ったことないかも。まとめてラケバに突っ込まないで、 一本一本付属のソフトケースに入れて持ち運んでいるところが興味深かった。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ヨネックス YONEX テニスラケット Eゾーン 100SL EZONE 100SL 06EZ100S(566)
価格:23920円(税込、送料無料) (2021/2/5時点)

楽天で購入

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。